日本財団の助成で車椅子対応福祉車両を導入しました

福祉車両を体験してみませんか?

福祉カー日本財団の助成金事業によりNPOあいの実に車いす対応の福祉車両が導入されました。こちらの車両を利用してNPOあいの実で「福祉有償運送事業」を開始する予定です。

それに先立ち、NPOあいの実のご利用者様に福祉車両を体験していただき、その利便性を実感していただきたいと思います。
4/1より、お試し期間中!一日限定1名様。
(お一人様最大3時間まで)

期間中は実費のみ※で利用できます。
現在、福祉有償運送事業の準備中です。

※実費とは、ガソリン代・道路通行料・駐車場料金です。ガソリン代は走行距離8kmあたり130円。

福祉有償運送とは?

福祉有償運送とは、高齢者や障がいのある方など単独では公共交通機関の利用が困難な方を対象に、NPO法人などの非営利法人が自家用自動車を使用して行う有償の会員制移送サービスのことです。ご利用希望者様がNPOあいの実にあらかじめ利用申し込みを行うことにより、本人及び介助人・付添人の利用ができます。

福祉有償運送を利用できる方は次のとおりです。

  • 介護保険の要介護認定、要支援認定をお持ちの方
  • 身体障害者手帳をお持ちの方
  • 知的障害のある方、精神障害のある方、その他肢体不自由な方、内部障害のある方

上記に該当し、電車、バス、タクシーなどの公共交通機関を単独で利用することが困難な方が対象です。
また、福祉有償運送の利用には、NPOあいの実へ利用申し込みが必要です。

03 5

03 3

乗車パターン。複数名乗車も可能です。(現在はストレッチャーはサービスしていません)

どんな時に利用できるの?

利用できる場面に条件があります。

社会生活上必要不可欠な外出

      • 官公庁や金融機関での手続き、公的行事への参加、冠婚葬祭等

余暇活動等社会参加のための外出

      • 外食、レジャー、レクレーション、映画鑑賞、観劇等

などで利用することができます。

利用できない内容もあります。

      • 通学、通園、就労等の通年の利用
      • 主に児童の場合は保護者の責任放棄されるようなもの

等は利用できません。

利用料金は?

一般のタクシーの料金の概ね半分の料金で利用することができます(介護負担分別)。現在事業申請中ですので、後日料金設定をお知らせいたします。お試し料金については上記をご覧ください。

利用したい場合は?

すでにNPOあいの実のサービスをご利用の方は、サービス提供責任者または事務所にお問い合わせください。

 ご注意

福祉有償運送は、各団体の運営体制(車両数、運転者数等)・ご利用者条件等により、対応に限りがありますので、上記利用対象にあたる方でも、利用できない場合がありますので、あらかじめご了承ください。