アイス バケツ チャレンジ(ICE BUCKET CHALLENGE)をご存知ですか?

アイス バケツ チャレンジというものをご存知でしょうか。

ALS(筋萎縮性側索硬化症)の認知度を上げるためにアメリカのALS協会が始めたチャリティです。ルールはとてもシンプル。

指名されたら24時間以内に氷水をかぶる、又は100ドルをALS支援団体に寄付する(あるいは両方)、そして次の挑戦者3人を指名します。

日本ALS協会のホームページにもこのチャリティについての説明があります。

このチャレンジに参加しているのは世界の大企業のトップやスポーツ選手、有名人たち、そして一般の人たち。氷水をかぶる動画をYouTubeなどにアップして、次の3人を指名し、やれるもんならやってみろ!と挑発します。ちょっとしたお祭り騒ぎにもなっていますね。

ALSの方へのサービスを多く行っているあいの実ですから、ALSの方々の置かれている状況が分かりますし、治療方法が早く発見されることを心から願います。こういった活動が有名になることによってALSの支援が広がるといいですね。

以下は、このチャリティに参加された有名な方々の動画です。


山中伸弥教授/京都大学iPS細胞研究所所長

孫正義/ソフトバンク社長

ティム・クック/Apple CEO

マーク・ザッカーバーグ/フェイスブックCEO

ビル・ゲイツ/マイクロソフト

ラリー・ペイジとセルゲイ・ブリン/グーグル創業者