平成29年7月24日 定例勉強会リポート

メンタルヘルス

場所:あいの実 レクチャーホール

講師:ヘルスカウンセラー 松田節子氏

介護に携わるスタッフにも様々なストレスがかかります。過度のストレスを放置しないでどうやってバランスを取っていくかを学びました。

参加者の声

  • 少し無理をすれば動けるという状態を続けると、疲労が回復できなくなり精神的にもバランスをとれなくなると知り、怖いなと感じました。疲労感、ストレスを感じている時はゆっくり体を休める時間もしっかりととりたいと思いました。人に接する仕事なので、自分の体調、精神状態が相手にも影響を与えてしまいます。利用者様に快いサービスを受けて頂くために自分が健康で明るくいられるよう、ストレスを溜めこまないようこころがけたいと思いました。
  • もうすでに症状になっていて原因が理解出来ていなかったのですが、ストレスのメカニズムを教えていただいて安心しました。自分は物の見方を変える必要がある事を自覚できました。有意義な勉強会でした。
  • ストレスを一人で抱え込まないために、相談できる人を持つことやストレス解消法を複数持つという事を当てはめてみたいと思いました。自分のストレスに早く気づいて早めに対処すると同時に他の人の変化にも気づいて相談に乗れたら良いと思いました。
  • ストレス反応があってもバランスのとれた仕方で上手に対処できれば精神障害や心身症を発症せずにすむので自分なりのストレス解消法を見つけてバランスをとっていく事や、日頃から良い心身の状態を保つ努力が必要だと思いました。