平成29年9月25日 定例勉強会リポート

災害緊急時対応

場所:あいの実 レクチャーホール

講師:泉消防署根白石出張所

いつおきるかわからない災害に対処できるかどうかは事前の準備にかかっています。様々な情報を入手しておくことも大切です。今回は消防署の方にお出で頂き、緊急時対応について学びました。

参加者の声

  • ヘルパーとして働いている時も、その場所で災害に遭ったらどう行動すればよいかを考えておきたいと思いました。災害は起こらないと考えずにホームページや市報などの情報にも注意しハザードマップなども入手しておきたいと思います。
  • 事業所の検討すべき課題がたくさんあり、いつ起こるか分からない災害に備えて準備したい。ホームページ等で情報が出ているのに入手しようと動かなければ分からないままになっている。特に高齢者や障害者は情報を取りずらい立場なので、情報を提供していきたい。
  • 我々ヘルパーがお邪魔しているご家庭は年配の方、小さいお子様など様々ですが、誰かの助けを必要としていると思われます。入室時、万一そのような災害に遭遇した場合ヘルパーは何をするべきか、どう対処すべきか常に頭に入れておきシュミレーションなど自分で考えておく必要があると思いました。
  • どんな災害が起きるか分からないのでそれぞれの災害が起きた時の事を考えシュミレーションする事も大切だと思いました。東日本大震災の時は、誰とも連絡が取れなかったのできちんと避難場所を家族等と決めておく事も大切だと思いました。非常用品で足りない物があったので準備したいと思いました。