「重症心身障害児」 とは「重度の知的障害」および「重度の肢体不自由」が重複している子どもたちのことです。
話すことができず、歩くこともできない重い障害を抱えている子どもたちのことです。「身体障害手帳1・2級かつ療育手帳A」が目安と言われていますが、実際ははっきりしていません。現在は大島分類という数十年前に作られた古い分類方法によって重症心身障害児を定義する事が行われていますが、見直されつつある状況です。

「医療的ケアのある児童」略して「医療的ケア児」と呼ばれる子どもたちも増えています。たん吸引を必要としていたり人工呼吸器をつけている子どもたちもいます。重い障害のために受入てくれる施設も極端に少なく、子どもたちだけでなく家族の負担も増えています。

重い障害をもつ子どもの世話は24時間続きます。家族の生活は想像を絶するものになります。

では、なぜ重い障害を持つ子供が増えているのでしょうか?

日本の最先端医療のジレンマ

日本の小児医療は世界でもトップレベルです。一昔前の日本であれば、または外国であれば救われなかったであろう命が、現代の日本では救われる可能性が高いのです。それは喜ばしいことですが、重い障害を持ちながら生まれてくる命も増えると言うことを意味します。事実、「重症心身障害児」と認定される子供の数は年々増加しており、小児医療のジレンマと言われています。

小児医療はトップクラス

しかし

支援体制はトップクラスとはいえない

もっと大きな問題は、救われた医療的ケアのある子どもの命の行き場がないということです。医療的ケアのある障害児は生まれたばかりの時は病院にいますが、病院にずっといるわけにはいきません。家に帰ってきますが、お父さんもお母さんも、生活を支え、他の子どもたちの面倒も見なければなりません。障害児向けの施設はありますが、重い障害のために断られてしまいます。

小児医療はトップクラスでも、その後の支援体制はトップクラスとはいえません。

そして、お父さんお母さんの壮絶な生活が始まります。ですから、社会全体で家族をサポートしていく体制がどうしても必要です。親、家族、特定の人だけに負担が増していく状況を改善していかなければなりません。

救われた命の行き場がない

ご存じでしたか?

高齢化社会に伴い医療費が増大しています。急増する社会保障費対策として入院から在宅への流れがあります。


児童発達支援・放課後等デイサービス

重症心身障害児と家族を支援するための制度が平成24年に児童福祉法の基に改正されました。「児童発達支援」、「放課後等デイサービス」の制度に、「重症心身障害児を主たる対象とした」という区分が設けられています。児童発達支援は未就学児、放課後等デイサービスは就学児が利用します。

しかし現実には、施設を開設するための人員基準が非常に高く、定員も少ないため、経営的に長期運営をしていくのが難しい事業です。子どもたちの体の状態も不安定なため、月によっては利用者の半分がお休みということもあります。事業としてのリスクが大きく、参入する事業者は非常に少ない状態です。また、社会の重症心身障害児に対する理解も深まっていません。障害児をもつ家族が、この制度を知らない場合さえあります。

SWCあいの実の取り組み

SWCあいの実は、これまでALS等の難病支援に力を入れてきました。痰吸引や24時間の支援など、他の事業者がやりたがらないような先駆的事業にチャレンジしつづけています。そして支援が行き届いていない障害児へのサービスにも目を向けています。その一端として、平成26年9月仙台市泉区に重症心身障害児・医療的ケア児に特化したデイサービス「あいの実ラズベリー」を開設し、平成27年4月より児童発達支援、平成27年12月に放課後等デイサービス「あいの実クランベリー」を加えました。平成29年4月より、子どもたちが大きくなったときの生活の場として生活介護を設置しました。

全国的にも珍しい入浴サービスを行っていています。小さな施設ですが、お母さん方から「こんな時代が来るとは思わなかった」「はじめて自由な時間ができた」という喜びの声を頂いています。

全世代を迎えられる通所体制を整えています。